玉那覇味噌醤油

天然醸造の手づくり無添加味噌 沖縄県那覇市|玉那覇味噌醤油

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1

販売店舗の紹介




2017/07/28(金)  晴れ 33℃





玉那覇みそが直接購入できるお店&味噌を使っていただいている飲食店を紹介します。




 販売店舗



各店、取扱商品が異なります。

今後、飲食店レポートも検討していますので、お楽しみに^^
 

2017-07-28 15:11:22

コメント(0)

安谷川(アダニガー)

2017/07/14(金)  晴れ


今日の首里も綺麗な青空が広がっています。

空

偶然にも蝉が飛んでいるところ撮れました。

それにしても暑い!!数秒外に立っているだけで、汗がブワッと出てきます。。


さて、今日は玉那覇味噌工場の近くにある井戸を紹介します。

井戸

安谷川(アダニガー)。

坂道の途中にあるこの井戸は、かつて首里と浦添を結ぶ重要な道として使用されており、人馬の休息地であったと言われています。

井戸説明

15世紀の古謡にも歌われているようで、長い歴史を感じます。

井戸

水は多少濁っていましたが、まだ湧いているようです。


井戸

少し前まで、井戸へ下る石段があったのですが、今は綺麗に舗装されています。

首里城に行くついでに、首里散策をして新しい発見ができるのも嬉しいですよね^^

2017-07-14 11:35:43

コメント(0)

テレビ取材

2016/7/6


RBC琉球放送さんが取材に来てくれました!

蒸し暑い中、長い間撮影していただきました。

RBC撮影1


弊社自慢の米麹と。

RBC撮影3


番組MCの當銘直美さん、とても美しく気さくで素敵な方でした^^

RBC撮影2


放送予定日は、

2017年8月6日(日)、11:40~ 
“ ちょっとミチクサしませんか? ”   RBC琉球放送



Don't miss it!!

2017-07-07 13:41:05

コメント(0)

ナーベラーンブシー (へちまの味噌煮)

ナーベラーンブシー

「ナーベラー」がへちま。「ンブシー」が煮物料理の意味。へちまは、多くの水分を含む野菜で、煮るとその独特の甘味のある汁がたっぷりでます。同じ瓜の仲間でもゴーヤほど苦味はなく、食感はナスに似ています。

ナーベラーンブシー (へちまの味噌煮)

画像提供:味噌めしや まるたま

 材料
ナーベラー(へちま) 750g
豚肉 150g
島どうふ(木綿豆腐) 300g
豚だし 1c
味噌 大さじ5杯
けずりぶし 1/2c
ラード(サラダ油) 大さじ3杯

 


 作り方

  1. ナーベラーは皮をこそげとり、幅1.5cmの斜め輪切りにする。
  2. 豚肉はうそく一口大に切り、分量の味噌をまぶしておく。
  3. なべにラードを熱し、ナーベラーを炒め、2の豚肉を汁ごと入れて、炒め合わせる。豚だしと豆腐をちぎり入れ、15分位煮ると、ナーベラーからどろっとした汁が出てくる。仕上げ前にけずりぶしを入れ全体に混ぜ合わせて仕上げる。

2016-06-08 11:01:27

コメント(0)

アンダンスー (油味噌)

アンダンスー

「アンダンスー」とは、沖縄の家庭に昔から伝わる保存食で、油みそのことを言います。沖縄では、おにぎりの具の定番です。

アンダンスー (油味噌)

画像提供:味噌めしや まるたま

 材料
豚三枚肉 150g
味噌 150g
さとう(お好みで) 大さじ3杯
泡盛(日本酒) 大さじ1杯
大さじ1杯
おろししょうが(お好みで) 適量
みりん 適量

 


 作り方

  1. 豚三枚肉は、1cm幅の棒状に切る。
  2. 熱したフライパンに油を入れ、まず豚三枚肉を中火で炒めまぜながら焦げ目をつけておき、その中へ泡盛を加え中火で汁気が減るまで炒め煮する。
  3. 次に味噌、さとう、みりんを加えつやが出るまで弱火で15分くらい炒める。途中で焦げ付かないようによく混ぜ合わせ最後におろししょうがを加えて味を確かめる。ここで好みの味になるよう調整する。

2016-06-08 11:00:55

コメント(0)

イナムドゥチ (沖縄風豚汁)

イナムドゥチ

祝(いわい)事には欠かせない、具のたっぷり入った汁物です。特に正月などに好んで食べられています。
言うなれば、沖縄風豚汁とでも表現すればよいのでしょうか。昔は正月用に豚を1頭用意したりしたので、その中でこのような調理法で親しまれてきたのかもしれません。
具のカステラカマボコは卵をたっぷり使った黄色いカマボコで、イナムドゥチには欠かせないものです。また昔は生麩も欠かせない具でしたが、現在はこんにゃくが使われています。
イナムドゥチのイは猪、ムドゥチはもどきという意味であり、昔は猪肉を使っていたようです。


イナムドゥチ (沖縄風豚汁)

画像提供:味噌めしや まるたま

 材料
豚三枚肉またはグーヤ(腕肉)
※バラ肉やモモ肉でも代用可
150g
カステラかまぼこまたは沖縄かまぼこ 50g
こんにゃく 50g
干ししいたけ 2枚
豚だし 2 1/2c
かつおだし 1 1/2c
味噌 大さじ4

 


 作り方

  1. 豚三枚肉はまるごとゆでて短冊切りにし、強めの塩をふってしばらくおき、さっとゆでて油を抜く。
  2. カステラかまぼこ、こんにゃくは短冊切りにする。干ししいたけはもどしてせん切りにする。
  3. なべに豚だし、かつおだしを入れて火にかけ、煮立ったら豚三枚肉、こんにゃく、しいたけを入れ、味噌を溶き入れ、15分ぐらい弱火で煮る。
  4. 材料に味がなじみ、少しとろみがついたら、カステラかまぼこを加えて仕上げる。

2016-06-08 11:00:00

コメント(0)

坦々亭 沖縄県中城村/宜野湾市

沖縄でおいしいラーメンが食べたかった方へ・・・坦々亭があります。
 

坦々亭

 
使用している味噌 王朝みそ
味噌を使用するメニュー 坦々麺
回鍋肉(豚肉とキャベツのみそ炒め)
金醤牛肉絲(牛肉の千切り辛しみそ炒め)※
醤爆鶏丁(鶏肉のみそ炒め)※
醤醤麺(中華風ミーとソース)※
※のついているメニューは常時用意されているメニューではありません。

 

2016-06-08 10:57:45

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1